LIXIL不動産ショップ イーアールエー 友進ライフパートナー > LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 風呂なしの不動産を上手に売却する方法とメリット・デメリット

風呂なしの不動産を上手に売却する方法とメリット・デメリット

≪ 前へ|購入者を決めるマンションの抽選!おこなわれる理由と方法を解説!   記事一覧   中古不動産である団地を売却するコツとは?売却後にかかる税金も解説します|次へ ≫

風呂なしの不動産を上手に売却する方法とメリット・デメリット

カテゴリ:不動産売却について

風呂なしの不動産を上手に売却する方法とメリット・デメリット

私たちの生活に欠かせないお風呂は、今でこそほとんどのアパートやマンションについていますが、築年数の古い場合は設置されていない物件も少なくありません。
こうした風呂なしの物件は、売却において不利になるのではと感じる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産の売却を検討する方に向けて、風呂なしの物件を売却する方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

風呂なしの不動産は売却しづらい?風呂なし物件の売却方法とは

風呂なしの物件では、買主が見つからないのではないか、価格交渉がうまくいかないのではないかなど不安や疑問点をもつ売主の方が多いでしょう。
しかし、風呂なしの物件であっても、次のような方法をとることでスムーズに売却できます。

メリットとデメリットを正確に把握する

風呂場がないという点には、デメリットだけでなくメリットもあります。
セールスポイントとなる点、ウィークポイントとなる点をきちんと押さえることで、買主の信頼を得ることやニーズに合った売却につながります。
また、買主がメリットを把握することで、売却のターゲット層を絞ることも可能です。

代替案を検討する

風呂なしの物件であっても、近隣に銭湯がある、大学や運動場などのシャワールームが使用できるなどのケースには、購入希望者も安心して購入に踏み切れます。
より多くの選択肢を提示することが、購入を悩む買主の決断につながるでしょう。

売却の方法を変更する

風呂なしの物件として売却ができない場合は、古家付きの土地として売却したり、不動産会社の買取を利用したりするなど、売却方法を見直すのも1つの案です。
買主が長い間見つからない場合や、少しでも早く売却を済ませたい場合は、検討することをおすすめします。

不動産売却をする前に!風呂なし物件のメリットデメリット

メリット

風呂場がないことでその分スペースが空き、収納や部屋数が増える、自由な空間が増えるというメリットもあります。
広い間取りを探している人にはうってつけといってもよいでしょう。
また、風呂がないことにより入浴にかかる水道代やガス代を節約できるほか、水回り改修のための初期費用も発生しません。
節約したい方、少しでも安く広い部屋に住みたいと考える方にとって、風呂なし物件は大きなメリットをもっています。

デメリット

風呂場がないことで、入浴の方法を工夫する必要があります。
銭湯に通う、ジム・大学・職場などのシャワー室を利用する、簡易的な洗い場で汚れを落とすなど、外出や工夫が必要となる点がデメリットと言えるでしょう。
また、風呂場がないことからガス設備がなく、水道からは水しか出ないケースなども、通常の物件と比べてデメリットの1つです。

まとめ

今回は、不動産の売却を検討する方に向けて、風呂なしの物件を売却する方法やメリット・デメリットについてご紹介しました。
風呂なしの物件は売却ができないと一概に言えるわけではなく、ポイントを押さえてニーズを見極めることで、売却はスムーズになります。
物件の特徴とデメリットを埋める代替案が、売却成功につながるでしょう。
私たちLIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーでは、堺市エリアの一戸建て物件を府ご紹介しております。
また、一戸建て購入に関するご質問・ご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|購入者を決めるマンションの抽選!おこなわれる理由と方法を解説!   記事一覧   中古不動産である団地を売却するコツとは?売却後にかかる税金も解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
    • 〒590-0077
    • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21
      友進ビル
    • 0800-111-0049
    • TEL/072-238-3800
    • FAX/072-238-3808
    • 大阪府知事 (3) 第53383号
  • スマホ
  • 建物検査済み
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る