LIXIL不動産ショップ イーアールエー 友進ライフパートナー >LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧

LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

所有者が認知症でも不動産の売却はできる?具体的な売却方法や注意点を解説の画像


相続について

所有者が認知症でも不動産の売却はできる?具体的な売却方法や注意点を解説
不動産売却にはさまざまな問題がつきものですが、なかでも高齢化社会が進む日本において「認知症」に伴う売却問題が増えています。 不動産の所有者が認知症になってしまった場合、該当の不動産はどうなるのでしょうか? 不動産の所有者が認知症になってしまっても、手続きの段階をきちんと踏めば売却することは可能ですが、手間や費用がかかってしまいます。 そのため、認知症の恐れがある場合は早めに売却に必要な準備をしておきましょう。 ここでは、不動産の所有者が認知症になってしまった場合の不動産売却の方法や注意点について解説します。 弊社へのお問い合わせはこちら所有者が認知症に!重症度によって不動産...

2021-05-18

不動産における子ども部屋のベストな広さとは?メリット・デメリットを解説の画像


上手に不動産を購入するコツ

不動産における子ども部屋のベストな広さとは?メリット・デメリットを解説
お子様のいらっしゃるご家庭で、新しく不動産を購入するとなると、子ども部屋をどれだけのスペースにすればよいか考えるものです。 この記事では、子ども部屋のベストな広さについて解説しています。 広くする、または狭くした場合にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。 子ども部屋の広さをどうするか定まらない、参考になる意見が知りたい人は必見です。 弊社へのお問い合わせはこちら子ども部屋の適切な広さとは?不動産の種類によってサイズは変わる? お子様の成長にあわせて、子ども部屋をあてがう親御さんは少なくありません。 一般的に、子ども部屋の広さは4畳~広くて8畳程度と言われていま...

2021-05-11

不動産の売却で近年しばしば用いられる「住宅瑕疵担保責任保険」とはの画像


不動産の売却について

不動産の売却で近年しばしば用いられる「住宅瑕疵担保責任保険」とは
不動産を売却する際、住宅瑕疵担保責任保険がしばしば用いられています。 売主・買主のどちらにとってもメリットがあるため、売却前には加入を検討しておくとよいでしょう。 ここでは、不動産の売買を検討している方に向け、住宅瑕疵担保責任保険の概要や費用について紹介します。 弊社へのお問い合わせはこちら安心して不動産を売却できる?住宅瑕疵担保責任保険とは 住宅瑕疵担保責任保険とは、 売買された中古物件に瑕疵(かし)があった際、その修繕費用などを保証する保険です。 どこの瑕疵をも保証するわけではなく、住宅の構造耐力上主要な部分・雨水の浸入を防止する部分の2箇所のみを対象とします。 その物...

2021-04-27

トップへ戻る