LIXIL不動産ショップ ERA 友進ライフパートナー > LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続のときに知っておきたい相続時精算課税制度!利用する条件は?

不動産相続のときに知っておきたい相続時精算課税制度!利用する条件は?

≪ 前へ|書き方は簡単!不動産相続における「税務代理権限証書」とは?   記事一覧   不動産相続の生前対策「公正証書遺言」とは? どんなメリットがある?|次へ ≫

不動産相続のときに知っておきたい相続時精算課税制度!利用する条件は?

カテゴリ:相続

両親などから贈与を受ける際に利用できる相続時精算課税制度をご存知でしょうか。

 

相続時精算課税制度は生前贈与に関する制度ですが、結果的に相続にも関係があります。

 

今回は不動産相続を検討されている方に向けて、相続時精算課税制度の意味と利用したほうがよい条件をご説明します。

 

不動産相続に関係ある?相続時精算課税制度の意味とは

 

不動産相続のときに知っておきたい相続時精算課税制度!利用する条件は?


 

相続時精算課税制度とは、不動産相続時にどんな意味をもっている制度なのでしょうか。

 

通常、生前に贈与を受ける場合は年間110万円以上であれば贈与税がかかります。

 

しかしこの制度を利用すれば2500万円が非課税になります。

 

そのため土地やマンションなどまとまった額の財産を受け継ぐときに向いている制度です。

 

相続時精算課税制度の贈与の回数に制限はなく、何回でも利用可能です。

 

しかしこちらの制度、贈与税がかからなくても名前のとおり「相続時」に「精算課税」されます。

 

贈与税が非課税にされた財産に関しては、贈与者が亡くなったときに相続財産に合算されて相続税に課税されます。

 

例えば父親から2000万円分の不動産を贈与された場合、相続時精算課税制度を適用すると贈与税はかかりません。

 

しかし数年後に父親が他界し3000万円の資産が残された場合、先に贈与を受けた2000万円と合算して5000万円に対して相続税がかかります。

 

つまり、税が免除されるのではなく贈与税が相続税に先送りされるイメージのほうが正しいです。


 

また一度相続時精算課税制度を利用すると、同じ贈与者からの年間110万円の非課税枠は二度と利用できません。

 

節税をしたい方にとっては、110万円の非課税枠を少しずつ利用するほうが結果的によいケースも多いです。

 

不動産相続で相続時精算課税制度を利用したほうがよい条件とは?

 

お伝えしてきたとおり、相続時精算課税制度は節税目的の制度ではありません。

 

むしろ110万円の非課税枠が利用できなくなるのでデメリットもあるのですが、どのような条件の場合選択したほうがよいのでしょうか。

 

基本的に贈与分とあわせても相続時の基礎控除額3600万円以下であれば、相続税は課税されないので相続時精算課税制度を選択するとよいでしょう。

 

相続時精算課税制度のメリットは、早い段階で税金をかけずに不動産などのまとまった財産を次の世代へ引き継げる点です。

 

必要な時期に指定の財産を自分の意思で贈与したい方にとっては、こちらの制度は魅力的ですね。

 

さらに生前贈与であれば、相続人同士の遺産分割トラブルの心配もありません。

 

なお相続時精算課税制度には適用条件があり、贈与者は65歳以上の親または祖父母、受贈者は推定相続人である子または孫かつ20歳以上でなければなりません。

 

まとめ

 

今回は不動産相続を検討されている方に向けて、相続時精算課税制度の意味と利用したようがよい条件をご説明しました。

 

相続時精算課税制度は受け継ぐ財産のトータルによっては、かえって税金を多く支払うことになります。

 

税金を先送りにするのではなく、実際にシミュレーションして具体的な額を比較検討してみましょう。

 

堺市エリアでマイホームを売却しようと検討している方は、LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーにお任せください。

 

不動産売却でお悩みのことがございましたら、当社へお気軽にお問い合わせください。



物件ページで住宅ローンシミュレーション実施中

グランクラッセ上野芝向ヶ丘

グランクラッセ上野芝向ヶ丘

3880万円
2LDK
大阪府堺市西区上野芝向ヶ丘町1丁
阪和線「上野芝」駅 徒歩5分




LIXIL不動産ショップ

(株)友進ライフパートナー

LINE公式アカウント

▲▲友達追加はこちらから▲▲


堺市の不動産売却なら

LIXIL不動産ショップ(株)友進ライフパートナー

〒590-0077

大阪府堺市堺区中瓦2丁3番21号友進ビル

(堺東駅前すぐ看板が目印)


TEL:072-238-3800





≪ 前へ|書き方は簡単!不動産相続における「税務代理権限証書」とは?   記事一覧   不動産相続の生前対策「公正証書遺言」とは? どんなメリットがある?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
    • 〒590-0077
    • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21
      友進ビル
    • 0800-111-0049
    • TEL/072-238-3800
    • FAX/072-238-3808
    • 大阪府知事 (4) 第53383号
  • スマホ
  • 建物検査済み
  • 中古住宅購入×リフォーム
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

 おすすめ物件


堺区南三国ヶ丘町6丁 売土地

堺区南三国ヶ丘町6丁 売土地の画像

価格
4,880万円
種別
売地
住所
大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町6丁
交通
堺市駅
徒歩14分

堺区三条通 売土地

堺区三条通 売土地の画像

価格
4,750万円
種別
売地
住所
大阪府堺市堺区三条通
交通
堺東駅
徒歩15分

堺区北三国ヶ丘町4丁 売土地

堺区北三国ヶ丘町4丁 売土地の画像

価格
6,498万円
種別
売地
住所
大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町4丁
交通
堺東駅
徒歩10分

ジュネス泉大津アレグロ

ジュネス泉大津アレグロの画像

価格
2,980万円
種別
中古マンション
住所
大阪府泉大津市春日町4-16
交通
泉大津駅
徒歩8分

トップへ戻る