LIXIL不動産ショップ ERA 友進ライフパートナー > LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の4つの価格その3「路線価」

不動産の4つの価格その3「路線価」

≪ 前へ|騒音(音の大きさについて)   記事一覧   ネット銀行も強化する住宅ローンのペアローンとは?|次へ ≫

不動産の4つの価格その3「路線価」

カテゴリ:不動産売却
皆様こんにちは。

堺市で長年皆様から御支持を頂いている不動産会社の「LIXIL不動産ショップ(株)友進ライフパートナー」です。不動産売却、不動産購入、リフォーム相談から見積もり取得、相続相談など不動産の事を幅広く取り扱っている堺東駅前に店舗を構えている不動産会社です。

今回の記事テーマは「不動産の4つの価格その3「路線価」」です。

前回は、不動産の四大価格指標の一つである「固定資産税評価額」について詳しくご紹介しました。
その貴重な情報はこちらからご覧いただけます。
不動産の4つの価格 その2 「固定資産税評価額」

今回は、不動産価格の理解を深める第三弾として「路線価」にスポットを当てます。この価格は、不動産取引はもちろん、相続税や贈与税の計算においても欠かせない要素です。しかし、多くの人にとって路線価はなじみの薄い概念かもしれません。そこで、この記事では路線価の基本から、その計算方法、活用のポイントまで、包括的に解説します。

路線価とは何か?

路線価とは、国税庁が定める道路に面した宅地1㎡あたりの価格のことです。具体的には、公示価格の約80%程度で算出され、毎年1月1日の価格を基準に公表されます。この価格は、相続税や贈与税の計算の基準として用いられるため、不動産を扱う専門家だけでなく、一般の不動産所有者にとっても重要な情報源となります。

路線価は、毎年1月1日時点の価格を、国税庁のサイト財産評価基準書路線価図・評価倍率表で確認できます。 →国税庁HPより

路線価の活用方法

路線価は、不動産の評価を行う際の基準となりますが、そのままの価格を用いるわけではありません。土地の実情に応じて、いくつかの補正が必要になるのです。これは、土地の形状や位置、利用の有効性を考慮に入れるためです。

補正率の適用

路線価の計算には、主に以下の四つの補正率が用いられます。
奥行価格補正率:これは、土地が深いほど適用され、奥行が深い土地の価値を現実に即して調整します。
奥行長大補正率:土地の奥行きが間口の二倍以上ある場合に適用され、長い土地の価値を適正化します。
間口狭小補正率:土地の間口が狭い場合、つまり道路へのアクセスが限られている場合に価値を下げるために用いられます。
不整形地補正率:土地の形状が正方形や長方形から大きく外れている場合に適用され、形状による価値の低下を反映させます。
これらの補正率は、土地の特性に応じて併用されることもあります。例えば、奥行きが長く間口が狭い土地では、奥行長大補正率と間口狭小補正率の両方が適用される可能性があります。

実例による解説

具体的な例を挙げて解説しましょう。例えば、路線価が200万円/㎡で、土地の面積が180㎡、奥行きが25mの普通の住宅地であった場合、その土地の価値を計算する際には、まず基本の路線価に面積を乗じて基本的な土地の価格を出します。つまり、200万円 × 180㎡ = 3600万円となります。しかし、これは補正前の価格です。

次に、この土地が特定の補正率を必要とする条件を満たしているかを検討します。例えば、もし奥行きが間口の2倍以上で、形状が不整形であれば、奥行長大補正率と不整形地補正率を適用する必要があります。これらの補正率は、例えばそれぞれ0.9と0.85であったとします。この場合、土地の評価価格は 3600万円 × 0.9 × 0.85 = 2754万円となり、実際の土地の価値をより正確に反映します。

※(参考資料)各補正率は国税庁の「補正率表」で確認できます。

路線価の重要性とは?

路線価は、不動産取引や税務上の計算において重要な役割を果たします。特に、相続や贈与における不動産の評価には欠かせません。正確な路線価の把握と適切な補正の適用は、不動産の公正な価値を算出する上で必要不可欠です。

まとめ

不動産を取引する際には、路線価を始めとする様々な価格指標を理解することが重要です。これらの価格指標は、不動産の価値を決定する上で基礎となるものです。次回は、不動産取引において別の重要な指標である「実勢価格」に焦点を当て、その計算方法と市場での影響力について詳しく解説します。

LIXIL不動産ショップ

(株)友進ライフパートナー

LINE公式アカウント

▲▲友達追加はこちらから▲▲


堺市の不動産売却なら

LIXIL不動産ショップ(株)友進ライフパートナー

〒590-0077

大阪府堺市堺区中瓦2丁3番21号友進ビル

(堺東駅前すぐ看板が目印)


TEL:072-238-3800






≪ 前へ|騒音(音の大きさについて)   記事一覧   ネット銀行も強化する住宅ローンのペアローンとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
    • 〒590-0077
    • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21
      友進ビル
    • 0800-111-0049
    • TEL/072-238-3800
    • FAX/072-238-3808
    • 大阪府知事 (4) 第53383号
  • スマホ
  • 建物検査済み
  • 中古住宅購入×リフォーム
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

 おすすめ物件


西永山園 中古戸建

西永山園 中古戸建の画像

価格
3,480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市堺区西永山園2-5
交通
堺東駅
徒歩8分

アーバンビュー堺プレミアムコート 9階部分

アーバンビュー堺プレミアムコート 9階部分の画像

価格
4,190万円
種別
中古マンション
住所
大阪府堺市堺区山本町1丁20-1
交通
七道駅
徒歩11分

ジョルノプラウドタワー堺東114区画

ジョルノプラウドタワー堺東114区画の画像

賃料
16.5万円
種別
店舗一部
住所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通154
交通
堺東駅
徒歩3分

ジョルノプラウドタワー堺東108区画

ジョルノプラウドタワー堺東108区画の画像

賃料
37.8576万円
種別
店舗一部
住所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通154
交通
堺東駅
徒歩3分

トップへ戻る