LIXIL不動産ショップ イーアールエー 友進ライフパートナー > LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産における子ども部屋のベストな広さとは?メリット・デメリットを解説

不動産における子ども部屋のベストな広さとは?メリット・デメリットを解説

≪ 前へ|不動産の売却で近年しばしば用いられる「住宅瑕疵担保責任保険」とは   記事一覧   所有者が認知症でも不動産の売却はできる?具体的な売却方法や注意点を解説|次へ ≫

不動産における子ども部屋のベストな広さとは?メリット・デメリットを解説

カテゴリ:上手に不動産を購入するコツ

不動産における子ども部屋のベストな広さとは?メリット・デメリットを解説

お子様のいらっしゃるご家庭で、新しく不動産を購入するとなると、子ども部屋をどれだけのスペースにすればよいか考えるものです。
この記事では、子ども部屋のベストな広さについて解説しています。
広くする、または狭くした場合にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。
子ども部屋の広さをどうするか定まらない、参考になる意見が知りたい人は必見です。

弊社へのお問い合わせはこちら

子ども部屋の適切な広さとは?不動産の種類によってサイズは変わる?

お子様の成長にあわせて、子ども部屋をあてがう親御さんは少なくありません。
一般的に、子ども部屋の広さは4畳~広くて8畳程度と言われています。
日本の戸建て・マンションで設けられる洋室の大半が、上記の広さに該当するからです。
次に、子ども部屋の広さを決めるポイントについてです。
子ども部屋ありきで不動産購入するケースを考えます。

子どもの数や性別によって決める

たとえば、同性のお子様がいるご家庭なら広い部屋一室を子ども部屋としてあてがうことが考えられます。
この方法であれば、2人兄弟・3人兄弟に対応できるでしょう。
お子様が異性で複数名いるのであれば、狭くなったとしても性別ごとの子ども部屋があると理想です。
思春期のお子様の気持ちに配慮できます。

学習環境や住環境を総合的に考える

お子様主体で子ども部屋の広さを考える場合もあれば、家全体を考慮して子ども部屋の広さを考えるケースもあるでしょう。
大小2つの洋室があるフロアで、子ども部屋と寝室を設けるとします。
寝室の大きさを優先すれば、必然的に子ども部屋は狭くなるのです。
リビング学習(学習机をリビングに置いてしまう教育法)を導入すれば、子ども部屋は最低限の荷物が置けるスペースを確保するのみです。

不動産的な観点から考察する子ども部屋の広さはどのようなメリットを生む?

子ども部屋が狭いか広いかでどういったメリットが生じるかを見ていきましょう。

広い子ども部屋はオモチャなどが整理しやすく何かとフレキシブル

8畳程度ある広い子ども部屋には、収納もたくさん設置できます。
洋服やオモチャが整理しやすいだけでなく、お子様が成長した場合でも対応できるでしょう。
家族計画がまだ途中段階で、後々どういった使い方をするか未定という人も、まずは子ども部屋を広く取りあとから間仕切りをするなどして、その場の状況に応じた使い方ができます。

狭い子ども部屋には引きこもり防止や片付けのしやすさがある

置ける荷物が限られる狭い部屋は、整理整頓がしやすく普段の掃除も楽という利点があります。
また、お子様が引きこもるスペースそのものがないので、家族のだんらんが持ちやすくなるといったメリットもあります。

まとめ

子ども部屋の広さを決めるポイント、広い子ども部屋と狭い子ども部屋のメリットを見てきました。
お子様の育て方が、子ども部屋の大きさを決める上で重要になるのは言うまでもありません。
ご自身で熟考するのはもちろん、ご夫婦で納得いくまで話し合い、決めることをおすすめします。
堺市でマイホームを購入するなら、私たちLIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーお任せください。
また、物件探しでお悩みのことがございましたら、当社へお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却で近年しばしば用いられる「住宅瑕疵担保責任保険」とは   記事一覧   所有者が認知症でも不動産の売却はできる?具体的な売却方法や注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
    • 〒590-0077
    • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21
      友進ビル
    • 0800-111-0049
    • TEL/072-238-3800
    • FAX/072-238-3808
    • 大阪府知事 (3) 第53383号
  • スマホ
  • 建物検査済み
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る