LIXIL不動産ショップ イーアールエー 友進ライフパートナー > LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 空き家の活用方法は?売却することのメリットとデメリットをご紹介

空き家の活用方法は?売却することのメリットとデメリットをご紹介

≪ 前へ|10連休   記事一覧   富士山|次へ ≫

空き家の活用方法は?売却することのメリットとデメリットをご紹介

カテゴリ:空き家について

空き家を所有されているみなさま。

 

もしかしたら、その家はご自身が育った思い出の場所で、なかなか売りたくないと思われている方もいるのではないでしょうか。

 

空き家は、そのまま放置するよりも、売却したり賃貸で貸し出したりして、活用する方がメリットも多くなります。

 

今回は、空き家を売却するメリットとデメリット、売却しない場合の活用方法をご紹介いたします。


空き家を売却することのメリット


空き家の活用方法は?売却するメリット


まず最大のメリットは、素早く現金化できるという点です。

 

空き家を管理する維持費や固定資産税の納税も必要無いので、放置した不動産を長期所有しているよりも利益が多くなります。

 

また、空き家を受け継いだ場合に譲渡所得税を支払う義務がありますが、譲渡益から3,000万円を控除できるという特例があるため、うまく利用すれば節税にも繋がります。


空き家を売却することのデメリット


メリットばかりではなく、不動産を手放すことはデメリットもあります。

 

まず、不動産業者への仲介手数料や登記にかかる費用、住宅のクリーニング費用を支払わなければなりません。

 

そして、活動期間が長期化すれば資産価値も下がってしまうため、結果的には利益があまり出ない可能性もあります。

 

代々受け継いできた、土地や思い出も失うことになるので、不動産を手放すのは覚悟が必要です。


空き家を売却しない場合の活用法


では、売却しない場合はどのような活用方法があるのでしょうか。

 

まずは、ご自身の住まいとして利用するという方法があります。

 

思い出をそのまま残せますが、水回りなどが老朽化している可能性があるので、必要に応じて修繕をする必要があります。

 

次に賃貸として収入を得るという方法もあります。

 

管理や運営の手間や費用がかかりますが、定期的に家賃収入が得られるので、借り手が確保できそうな地域でしたら、検討してみましょう。

 

最後に、解体して更地にするという方法もあります。

 

住宅の思い出は無くなってしまいますが、維持費はかからなくなります。

 

更地にした方が、その後の土地はトランクルームやシェアハウスなど利用方法が多岐にわたるので、新たな収入源を得られる可能性も高くなります。

 

新たな事業を始める場合は多くの費用がかかるため、よく検討してから行いましょう。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

 

今回は空き家を売却するメリットとデメリット、売却しない場合の活用方法をご紹介いたしました。

 

空き家の放置は、今後のことをじっくり考えられる反面、定期的にメンテナンスを行う必要があり、維持費もかかります。

 

資産価値が下がる前に所有する不動産をどうするのかを検討しましょう。

 

私たち株式会社友進ライフパートナーでは、空き家をどうしようか悩んでいるお客様にも、しっかりとアドバイスやサポートをいたします。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|10連休   記事一覧   富士山|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
    • 〒590-0077
    • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21
      友進ビル
    • 0800-111-0049
    • TEL/072-238-3800
    • FAX/072-238-3808
    • 大阪府知事 (3) 第53383号
  • スマホ
  • 建物検査済み
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る