LIXIL不動産ショップ ERA 友進ライフパートナー > (戸建(売買))路線・駅から探す > 南海電気鉄道南海高野線 > 堺東駅 > ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地

好評の駅近物件となっており、駅より徒歩6分に立地しています。室内も広々とした、2022年5月築の物件で、多くの方に好評です。新築の物件を検討中の方はぜひ一度こちらの物件をご覧ください。内外装共に綺麗な新築戸建ての物件はいかがでしょうか。堺市堺区にある物件で気になるものが見つかりましたら、お気軽にお問い合わせください。内覧のご予約なども承っております。

所在地 交通 建物
大阪府堺市堺区五月町

南海高野線堺東」駅 徒歩6分

新築
2階建
木造

物件情報

周辺施設

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地

※写真や図と実際の現状とが異なる場合は現状を優先させていただきます

  • ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地

※ご覧になりたい写真をクリックすると
拡大されて表示されます。

コメント

情報の見方

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地 の物件概要

【新築一戸建】

所在地 大阪府堺市堺区五月町
交通
価格 4,790万円 築年月(築年数) 2022年 5月 ( 新築 )
建物面積/坪数 91.32㎡/27.62坪 土地面積/坪数 86.05㎡/26.03坪
種別/構造 新築一戸建 / 木造 地目 宅地
備考 多くの方からご好評頂いているファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地のご紹介です。こちらの物件はコンビニまでの距離が281mです。新築の物件を検討中の方はぜひ一度こちらの物件をご覧ください。2022年5月築の物件です。マイホームに対してこだわりが強い方も、当社スタッフまでお問い合せ下さい。特に堺市堺区エリアや南海高野線堺東付近の物件をご紹介しております。
取扱会社
  • LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
  • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21 友進ビル
  • TEL:0800-111-0049
  • 大阪府知事 (4) 第53383号
  • 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会正会員、 社団法人 全国宅地建物取引業保証協会正会員

※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地 へのお問い合わせは LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーまで

0800-111-0049

〒590-0077

大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21 友進ビル

9:00~19:00  定休日:毎週水曜日

お問い合わせ

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地の販売物件情報

価格 間取り 建ぺい率/容積率 建物面積 土地面積 詳細 検討リスト
4,790万円 3LDK
60%/ - 91.32㎡ 86.05㎡ 詳細を見る 追加する

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地へのお問い合わせ

必要項目の入力

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

必須

お名前

必須

メールアドレス

任意

内容

【ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ①号地へのお問い合わせ】

利用規約及びプライバシーポリシーを必ずお読みください。左記内容に同意いただいた場合は、確認画面へお進み下さい。

未入力項目があります

▼ご希望の物件をお探しします
物件リクエスト

おすすめ物件

堺市堺区百舌鳥夕雲町1丁の画像

堺市堺区百舌鳥夕雲町1丁

大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町3丁

阪和線「三国ケ丘」駅 徒歩8分

築29年

堺市堺区石津町3丁 新築戸建の画像

堺市堺区石津町3丁 新築戸建

大阪府堺市堺区石津町3丁

阪和線「津久野」駅 徒歩20分

予定

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ③号地の画像

ファーストタウン 堺市第3堺区五月町 ③号地

大阪府堺市堺区五月町

南海高野線「堺東」駅 徒歩6分

新築

ファーストタウン 堺市第3堺区旭ヶ丘中町 3号地の画像

ファーストタウン 堺市第3堺区旭ヶ丘中町 3号地

大阪府堺市堺区旭ヶ丘中町1丁

阪和線「百舌鳥」駅 徒歩19分

新築

会社概要

会社画像
LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
  • 〒590-0077
  • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21 友進ビル
  • 0800-111-0049
  • TEL/072-238-3800
  • FAX/072-238-3808
  • 大阪府知事 (4) 第53383号

トップへ戻る