LIXIL不動産ショップ ERA 友進ライフパートナー > (戸建(売買))路線・駅から探す > 南海電気鉄道南海本線 > 諏訪ノ森駅 > ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地

駅まで徒歩7分の場所にある物件です。多くの方に好評の、2022年11月築の物件です。夢のマイホームは思い切って新築の戸建てはいかがでしょうか。好評の新築物件なので、おすすめです。こちらの物件に関しての詳細情報や、堺市西区の住環境について気になるのであれば、お気軽にお問い合わせください。当社スタッフがしっかりとお答えいたします。

所在地 交通 建物
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町西2丁

南海本線諏訪ノ森」駅 徒歩7分

阪堺電軌阪堺線船尾」駅 徒歩9分

予定
2階建
木造

物件情報

周辺施設

【区画図】ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地

※写真や図と実際の現状とが異なる場合は現状を優先させていただきます

  • 【区画図】ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地
  • 【外観】ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地

※ご覧になりたい写真をクリックすると
拡大されて表示されます。

コメント【区画図】

情報の見方

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地 の物件概要

【新築一戸建】

所在地 大阪府堺市西区浜寺諏訪森町西2丁
交通
価格 3,690万円 築年月(築年数) 2022年 11月 ( 予定 )
建物面積/坪数 102.86㎡/31.11坪 土地面積/坪数 108.82㎡/32.91坪
種別/構造 新築一戸建 / 木造 地目 宅地
備考 「ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地」のここがイチオシ。一生に一度のマイホーム探しは、ぜひ新築戸建てで。多くの方に好評の、2022年11月築の物件です。こだわりの設備が整った新築物件です。南海本線諏訪ノ森まで徒歩圏内の物件をお探しの方は、駅近の物件を豊富に取り扱う当社までお問い合わせください。
取扱会社
  • LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
  • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21 友進ビル
  • TEL:0800-111-0049
  • 大阪府知事 (4) 第53383号
  • 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会正会員、 社団法人 全国宅地建物取引業保証協会正会員

※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地 へのお問い合わせは LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナーまで

0800-111-0049

〒590-0077

大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21 友進ビル

9:00~19:00  定休日:毎週水曜日

お問い合わせ

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地の販売物件情報

価格 間取り 建ぺい率/容積率 建物面積 土地面積 詳細 検討リスト
3,690万円 4LDK
+1S(納戸)
60%/ 200% 102.86㎡ 108.82㎡ 詳細を見る 追加する

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地へのお問い合わせ

必要項目の入力

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

必須

お名前

必須

メールアドレス

任意

内容

【ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ②号地へのお問い合わせ】

利用規約及びプライバシーポリシーを必ずお読みください。左記内容に同意いただいた場合は、確認画面へお進み下さい。

未入力項目があります

▼ご希望の物件をお探しします
物件リクエスト

おすすめ物件

堺市西区草部 戸建住宅の画像

堺市西区草部 戸建住宅

大阪府堺市西区草部

阪和線「鳳」駅 

築11年

浜寺元町5丁の画像

浜寺元町5丁

大阪府堺市西区浜寺元町5丁

南海本線「浜寺公園」駅 徒歩12分

築35年

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ①号地の画像

ファーストタウン 浜寺諏訪森町西 ①号地

大阪府堺市西区浜寺諏訪森町西2丁

南海本線「諏訪ノ森」駅 徒歩7分

新築

ファーストタウン 上野芝向ヶ丘町 ②号地の画像

ファーストタウン 上野芝向ヶ丘町 ②号地

大阪府堺市西区上野芝向ヶ丘町2丁

阪和線「上野芝」駅 徒歩5分

新築

会社概要

会社画像
LIXIL不動産ショップ 友進ライフパートナー
  • 〒590-0077
  • 大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-21 友進ビル
  • 0800-111-0049
  • TEL/072-238-3800
  • FAX/072-238-3808
  • 大阪府知事 (4) 第53383号

トップへ戻る